漢方療法推進会 こころとからだに自然の力

商品情報

90包シリーズ「クラシエ」漢方桂枝加苓朮附湯エキス顆粒第2類医薬品

製品画像
リスク区分 第2類医薬品
容量 90包
JANコード 4987045070839

商品スペック

特徴

●「桂枝加苓朮附湯」は、江戸時代の著名な医者・吉益東洞[ヨシマストウドウ]が著した医書『方機[ホウキ]』に収載されている薬方です。
●手足が冷える方の関節痛、神経痛に効果があります。

成分

成人1日の服用量3包(1包1.2g)中、次の成分を含んでいます。
桂枝加苓朮附湯エキス粉末M・・・2,200mg
〔ケイヒ・シャクヤク・タイソウ・ビャクジュツ・ブクリョウ各2.0g、ショウキョウ0.5g、カンゾウ1.0g、ブシ末0.25gより抽出。〕
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールを含有する。

効能

体力虚弱で、手足が冷えてこわばり、尿量が少なく、ときに動悸、めまい、筋肉のぴくつきがあるものの次の諸症:関節痛、神経痛

用法・用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回1包
15才未満7才以上・・・1回2/3包
7才未満4才以上・・・1回1/2包
4才未満・・・服用しないこと